先生は占い師

リアル人生にも裏技を

自信に根拠があるのであれば、それはただの見栄。

自信に理由を求めるな。

例えば、

「歌が上手いこと」を拠り所にしていたら。

いつかキミは自分より歌が上手い人に出会って、自信を消失させるだろう。

そのとき、自分に拠り所がないと卑屈になる。

そこで相手を素直にすごいと認められるのは、自分の中にある素晴らしさに気づいているから。

そして素直に人から学ぶことができるから、さらに素敵な歌声を手に入れることができる。

自信に拠り所を探すと、やがて同じ理由でいつ自信を無くすことだろう。

 

長所を自分の自信に繋げない。

長所とは、余裕があるときに発揮する。

良いところに注目することは良いことだ。だけれども、それが自分の弱さから目を反らすためなら、あまりおすすめしない。

余裕がなくなると、良さというものは自覚しにくくなるから。

そして残るのは今まで受け入れていなかった弱さ。

弱さと向きあえないときに挫折する。

 

自信を得るために、資格を取るな。努力するな。

「あれがあったら自分を認められる」

そして資格を取ったとしても、満たされることはない。

これは自信ではない。自分に対するただの見栄だ。張りぼてだ。

張りぼてを強化することが、成長ではない。

それは強がりにしかならない。

強がりは、本当の強さではない。

人に語れるなにかを欲するのは、自信がないからだ。

 

短所を愛せるか

余裕がなくても発揮できるもの。

疲れていても、時間がなくても、どんなときでも発揮してしまうもの。

 

気が強いところがある。ずるいところがある。なんでも楽したがる。

人のダメなところがすぐに目につく。意思がない。

本当は遅刻だってしたいくらいいい加減。無計画。

八方美人。傲慢。依存体質。人を否定できる自分には価値がある。

 

それが良くないことだと思いつつ、そうしてしまう自分に対して嫌気がさし、

相手に対する罪悪感が芽生える。本当は尊敬したいのに。

 

「自分は悪い人間だ」と思えばいいわけではない。

自分の短所を悪いことだと思っていることに原因がある。

あなたの中にある闇を否定すれば、闇があなたを支配するだろう。

闇を好きになれたら、闇を上手に支配することができる。

自分に対して色をつけなくていい。良い人間でもあり、悪い人間でもある。

人間はそもそも邪悪なんだから。

善100%の人間もいないし、悪100%の人間も存在しない。

 

本当に必要なのは、根拠なき自信。

今まで生きてこれたこと。君の人生には多くの障害があったし、順調と言えることのほうが少なかったかもしれない。それでも今まで生きてこれた。

キミは今までなんとかなってきたのだ。

「私だからなんとかなる」それでいい。

根拠がないからこそ、胸を張ればいい。

広告を非表示にする