先生は占星術師

真ん中よりも端っこ

裏切られたと思うのは、信じていたわけではなくて期待していたから

裏切られたと思うのは 

人を信じていたわけじゃなくて

期待していたから

ただ見返りを期待していたから

信じるという言葉は自分の中の芯にあって

期待は相手に依存している

そこに自分の意思はない

 

信じるというのは

たとえ相手がどうであれ

信じ続けられることに美しさがある

相手がどうのじゃない

相手が手の裏を返したら 自分もひるがえす

これは美しくない

それでも信じ続けることを選んだ人に

豊かさや温かさを感じる