先生は占星術師

真ん中よりも端っこ

一人だけで生きようとするから生き辛くなる

一人だけで生きようとすると

やりたくないこともすることになる

苦手な事もすることになる

 

誰にも頼れないから 

将来の幸せのために

今の生活を我慢して生きる

必要以上に稼ごうとする

 

でも

それは本当に必要なんだろうか

一人で生きようとしなければ

必要以上に欲張る必要もないんだろうか

 

あなたにとって 不得意な事でも

誰かはそれが 得意だったり

あなたが嫌いな事でも

或る人はそれが大好きだったりする

 

一人で生きてるつもりの人は

どこか傲慢になってしまう

「俺はこんなにやっているのに」と

感謝を求めてしまう

 

人を頼るには 自分の弱さをさらけ出す勇気がいる

人に頼るから 自然に感謝ができるようになる