読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生は占い師

占い師兼教師をしてます。 皆さんが大切な人の"切り札"になる応援をしています。

明晰夢では自由に世界を創造できるんだけど、応用すれば現実も変えることができる

明晰夢とは

 

夢の中で「これは夢だ」と気づき、意図的に夢をコントロールすること。

しかし

夢だと気づいた瞬間、思考がぐるぐると働く

思考した瞬間、夢の中では身動きが取れなくなってしまい覚醒してしまう。

ベータ波が出て目覚めてしまうのだ。

 

だから

夢だと気づいた瞬間も、その夢のステージ上で役を演じ続けるのだ。

 

そして、その中で夢想する。想像をする。

夢世界では、想像と思考の境界がはっきりしている。

想像の仕方をあやまると思考になり、

たちまち目覚めてしまう。

 

明晰夢において、世界を支配するには

想像力が大事になる。

ただ頭に思い浮かべるのは、想像力として乏しい。

五感に基づいた想像をするのだ。

 

叶う前から、叶ったように感じること。

ないのに音や光、匂いを感じ、肌感覚としてひしひしと伝わり、

ないのに存在を感じ、

あるようにふるまう

考えるのではなく、感じるのだ。

 

すると、

想像したものが目の前に現れる。

たとえば

好きな人を召喚できる

空に飛べる

行きたいところにトリップする

 

これは現実世界でも使える。

思考ではなく、想像すること。

 

夢には時間と空間の概念がないため、

イメージした瞬間に、具現化する。

 

反対に現実世界は時間と空間がある。

したがって、想像から具現化まで時間がかかる。

 

だけれども、想像し続けることで、願いが実現に向けて確実に動いている。

その願いを、常に意識することで、確実に願いまでの距離は縮んでいる。