先生は占い師

リアル人生にも裏技を

他人が好きなものを自分も好きになる必要もないし 他人が嫌いなものをわざわざ自分も嫌いにならなくていい

「好き」に意味があるように

「嫌い」にも意味がある

 

感情は自分だけのセンサーのようなもので

快い感情というのは「それをしなさいよ」

嫌な感情というのは「それは関わらないほうがいいよ」

と、自分に教えてくれる

 

嫌いを押し殺して、好きを抑圧して生きていると

センサーの感度が鈍っていき

自分が何がしたいのか 分からなくなってしまう

 

やりたいことがない と平気で言えるのは自分を裏切り続けた結果だ

 

嫌いなものを好きになろうとしなくていい

好きなことを我慢しなくていい

 

他人が好きなものを自分も好きになる必要もないし

他人が嫌いなものをわざわざ自分も嫌いにならなくていい

 

「私はこう感じる」というもの

それは他人からすれば 正しくないことかもしれない

けれど一番長く生きてきた 今日の私が下した素直な感覚を

大事にして生きてほしいと思う

広告を非表示にする