先生は占星術師

真ん中よりも端っこ

暇じゃだめなの?

暇な日があると

 
何かしなきゃ
どこかへ行かなきゃ
有意義にしなくちゃ
 
何もないことを恐れてしまう
 
どうして暇じゃ駄目なのだろう?
 
ただの何十億といる人類の中の一個体の自分が
そんなに意味のある存在にならなくてはならない理由はなんだ
 
立派な人がそれを無駄と叫んだとして
なぜ無駄がいけないのだろうか
 
なぜ無駄を恐れるのか
無意味さを恐れるのか
 
とりあえずで日常を満たすのであれば
 
その暇を、暇として楽しんでみたらどうだろうか
 
猫は永遠と日向ぼっこができるが
人間は脳が発達しているから必ず暇に飽きる
 
それまでは暇を堪能してはどうだろうか
 
さ、暇も飽きたし、なにかすっかなー!
くらいの軽い気持ちで
そのとき興味のあることをすればいい
 
 
自分のしたいことが分からないなら
闇雲に色んなことに手を付けず
 
暇を楽しむことからはじめたらどうだろう
 
その先にやりたいことが見つかるのではなかろうか