先生は占星術師

真ん中よりも端っこ

「悩みがない」というのはとても不自然にみえる

生きている限り 悩みはつきものだ

 

悩みが解決したら また新しい悩みを抱える

これはとても自然なこと

 

だから

「悩みがない」というのはとても不自然にみえる

まるで悩みがインフレでも起こして

悩みが薄く広がるように

空気のように悩みの存在を忘れてしまったようだ

 

今まで「悩みがない」と語る人たちに出会ったことがあるが

幸せそうな方に出会ったことがない

 

悩みがある自分を認められなくて

弱みを見せるのが怖くて

必死に「私は幸せだ」と言い聞かせているような人が多かった

 

僕は悩みがあるのが当たり前だと思っている

適度な悩みは 人生のプラスになる

適度な悩みは よりよく生きる糧になる

 

しかし悩みが複雑になりすぎたり

大きくなりすぎると

プツンと、何かが切れる音がする

そして僕のもとへやってくる

 

占い師、心理カウンセラーの仕事をして分かったこと

 

決して悩みをゼロにすることはできないということ

 

しかし、悩みやストレス適度な大きさに調整することできる

軽くし、シンプルにすることはできる

 

生きることを楽しむ余裕を作ることができる