先生は占星術師

真ん中よりも端っこ

どんなものを買うべきで 、どんなものを買うべきではないかの判断基準。実践すれば、人生が豊かになるだろう。

人は日々、決断を迫られる。

 

どういう価値観で、取捨選択をするのか。

こういうところを家庭や学校で学びたいところだが、

実際は親も先生も分かっていない。

だから各々は自分の生きざまを後世に伝えるしかない。

 

特にお金の扱い方については、育った環境にかなり依存されるだろう。

お金持ちの家庭の子はお金持ちになっていくだろうし、逆も然りだ。

 

お金の正しい使い方というのを教わるのは難しい。

正しいと言ったけれど、正確に言えば豊かになるお金の使い方。

効果的なお金の使い方。

 

どんなものを買うべきで

どんなものを買うべきではないかの判断基準。

 

これから話すことを実践すれば、人生が豊かになるだろう。

 

例えば、あなたが"買うべきかやめておくべきか"迷ったとしよう。

 

その際、

お金が理由で買うのを躊躇するのではあれば、

それは買いなさい。

高いから我慢するということはしなくていい。

それはあなたの人生を豊かにするものだ。

だから、どうやってお金を作ろうか考えること。

 

逆に

お金が理由で買おうとするものは

買うのをやめなさい。

安いのを理由でモノを買うのをやめるということ。

それはあなたにとって、なくても問題ないものだ。

豊かさに繋がらない。