読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生は占い師

占い師兼教師をしてます。 皆さんが大切な人の"切り札"になる応援をしています。

なぜか暇を追求するとやりたいことが出てくる。


f:id:guil_inside:20160816160144j:image 

↑昨日のカラオケ会の様子

 

やりたいことを見つからない。

生きがいが見つからない。

忙しさに駆られ、自分が居なくなっちゃったような。

そんな方のための、やりたいことを探すための手引きです。

暇を追求する

衣食住を除いて、何をしてもいけません。

ただ、ゴロゴロする、ぼーっとする、寝るを繰り返します。

追求ですから、1日だけじゃぬるいです。

暇を友として迎え、暇を愛すのです。

そのときに、ゲームや録りためていた番組に手を出してはなりません。

暇に負けて、消費活動をしてはなりません。

消費はただの暇つぶしです。

暇は潰してはいけません!

そんなの、暇に不誠実です!

暇を追求するのです。

 

暇を追求していくと…

やりたいことがふっと出てきます。

むくっと起き出して、即行動に移ります。

やりたいと思ったことがすぐ行動にシフトチェンジします。行動までの障害がないのです。

不思議なことに、この行動は幸運に繋がることが多いです。

 

最大の敵、それは罪悪感

暇を襲ってくるのは罪悪感です。

「こんなに時間があるのに何かしなければ」という強迫観念です。

しかしそれはマボロシです。

その罪悪感は権力者に都合の良い

「堕落しないで働け」

「頑張らないといけない」

「評価されなくてはいけない」という

価値観の教育されてきた結果です。

言い換えれば洗脳の結果です。

 

でもそんなん知らんねん!

罪悪感に一喝しましょう。

あなたは暇を友として迎え入れたのです。

 

「何かしなければ」と思わされている自分に気づきましょう。

 

連休だから旅行しなくては

休みを充実しなくては

こんな暑い時期に本当に外出したいのか。

 

 消費というのは、誰かの意図があって成り立つものです。広告を見たりとか、そんなんで動かされたやつです。あなたから湧き出たやりたいことではありません。

 

義務感を捨てる

「何かしなければならない」から始まる行動は義務的で、義務はモチベーションが下がるものと相場が決まってます。

人生を義務感で固めたらすっげー息苦しいからさ、

やりたいことを探すには義務感で行動してきたものを自覚し後回しにする。

そして、やりたいことで自分を満たしていく。

 

暇を追求することで義務感を解放させること。

Let's try 能動的暇!