読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生は占い師

占い師兼教師をしてます。 皆さんが大切な人の"切り札"になる応援をしています。

12の資質

資質は12に分かれ、自分がどの資質を使っているかは、占星術を使うと知ることができます。能力値として出すことができます。

 

【12の資質】

 1.自我・・・自分がどうしたいのか、という欲求を察知する能力。

 2.思考・・・問いに対して答えや、法則を導く能力。

 3.言語・・・栄養価の高い言葉を紡ぐ能力。

 4.聴覚・・・多くの者達を共鳴させ、一つにする能力。

 5.熱覚・・・自己や人を盛り上げ、元気を与える能力。

 6.視覚・・・ビジョンやイメージを描く能力。

 7.触覚・・・相手の反応を掴み、予想する能力。

 8.生命・・・エネルギー[生命力]をチャージする能力。

 9.運動・・・意図を持って行動する能力。

10.均衡・・・使命や目標を果たす能力。

11.嗅覚・・・真実や本物を嗅ぎ分ける能力。

12.味覚・・・あらゆることを自分事として捉え溶かす能力。

 

この12の資質はどれか一つに特化しているというよりは、

バラバラに散っており、その中で一つか二つ、目立つものがある、といった感じです。

占星術を使えば。パラメータ的に出すことできます。

 

例えば私は、

自我0

思考3

言葉1

聴覚0

熱覚2

視覚0

触覚2

生命5

運動0+MC

均衡7

嗅覚0

味覚0+AC

 

 

また、数値のある両隣にある資質を使うことも得意です。

そう考えると、ほぼ、すべての資質を扱うことができます。

数値だけで出して、一番大きな数値を自分の拠り所にすることができます。

僕の場合ですと、思考、生命、均衡の資質が強いですね。

名称については分かりにくいところもあるので、随時名前を変えていきます。

均衡は、【達成】のほうが分かりやすいですね。

 

更に細分化しますと、場面によって、使う資質は異なります。

【私の場合】

・生まれながら身に着けている資質【味覚】

・一番最初に使う、キッカケとして使う資質【生命】

・歳を重ねるほど恵まれていく資質【熱覚】

・人生を切り開くために必要な資質【思考】

・持ってないけれど、人に自分を見せる資質【運動】

・晩年で使っていく資質【均衡】

 

とこのように、分かれているわけです。

誰でも生まれ持った資質だけで生きている人はいません。周囲の状況によって、自分を変化させていった結果、伸ばしていく資質を変えていくわけです。