先生は占星術師

真ん中よりも端っこ

運の奴隷にならないこと

占いやおみくじには吉や凶やら、大殺界など、いろんな運があります。

運が悪いからダメだ、運がいいから(実際には何も起きてないけど)ハッピーみたいな。

 

運という情報に惑わされている、運に支配されている人を見かけます。

 

考えてみれば運だけで生きている人はいません。

ベースにある人間力があれば、運がなくても安定していけるし、

たとえ運があったとしても無謀な事をすれば失敗します。

 

運だけで生きていけたらそれはそれで嬉しいですが、運がいいだけの人はいませんから、運だけで生きていくことは結局、幸せに繋がるかどうか疑問です。

 

本当に価値があることは、どんな状況からでも豊かになれる生き方や思想を知り、実践し、伝えられるということです。

 

運がないというのは、自分らしさが失われるときではありますから、余裕がなくなります。そんなときこそ、自分さえよければという考えを捨て、周りに感謝し、貢献することができたら、運がついてこなくても人がついてきます。

それは結局運が良かったことになるでしょう。

 

第一、何をもって運がよいのか、悪いのか。状況が変われば吉凶は簡単に裏返ります。

結婚した→幸せ

浮気された→不幸

風邪をひく→不幸

病院先で運命の出会い→幸せ

 

運に左右されずに生きる力を身に着けることです。

占いやおみくじに書いてある言葉は戒めにしても、その言葉に縛られる必要はないのです。

運に翻弄されるのはその程度の人間なのかもしれないなと思って、

どんな境遇でもなりたい自分になる、成し遂げたいことを達成させる。そのような気構えで生きましょう。