読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生は占い師

占い師兼教師をしてます。 皆さんが大切な人の"切り札"になる応援をしています。

情報=事実×印象

教育 KIRIFUDA

情報には2つの種類があります。

2つの種類、それは「事実」「印象」です。

 

事実とは誰が見ても事象が認められることです。

数字や法則がそれでしょう。客観的です。

 

それに対し、印象とは個人的なものです。

花を見て、綺麗だと思う人もいれば、

そうでない人もいる。これは印象です。

 

心が傷つきやすい人は、

人の意見≪印象≫を事実として受け入れてしまい、

自分を縛り上げてしまうのです。

 

そういった人は逆に、自分の世界(印象)を正義(事実)だと思う嫌いがあります。

人の印象が事実だから、自分も事実を持とうとします。(本当はどちらも印象です)

これは争いを生みやすい考え方です。

 

f:id:guil_inside:20170301015024j:plain

 

A子ちゃんがあなたのことを、自己中だよ(だから悪い)、伝えてきたとしても、

その言葉を受け取る必要はないのです。

 

その言葉を拒絶しなさい、ということではないのです。

拒絶は、その言葉を認識して受け入れる段階でないとできません。

だから、拒絶をしたところで

「自分は自己中だから悪い」という信念を作ってしまいます。

自分の価値を貶めてしまうと、身体がこわばって挑戦心が失われます。

 

教育において、上に立つもの、例えば親や教師は

この違いについてはっきりさせていないと、

子供の未来を歪ませてしまう恐れがあります。

 

親も教師も、自分が印象を話しているのか、事実を話しているのか、

はっきり区別する必要があります。

 

印象ならば、強要をすることなく、

あくまで自分はこう思う、に留めてほしいなと願います。

 

この人が言っているのは、事実なのか、印象なのか、

マスコミの情報、批評家の発言も、それが事実なのか、印象なのか。

 

印象だとしたら、万人に当てはまるものではないと考えて、

例外の余地を5割増しで考慮に入れましょう。

 

印象が悪い、ということではありません。

むしろ印象をコントロールすることで、

なりたい自分になることができます。

 

世の中や、人に対する捉え方を選択的に生きることです。

これが夢を叶える秘訣です。

 

 

ここからは蛇足です。

子供に作文をさせるとよくわかりますが、ほとんどが「印象」です。

形容詞が豊富だと、自分の印象をより正確に相手に伝えることができます。

語彙を増やすと、印象を伝えるのは上手になりますが、

それは印象に過ぎないのです。