読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生は占い師

占い師兼教師をしてます。 皆さんが大切な人の"切り札"になる応援をしています。

誰のプラスにもならない怒り方、感謝される怒り方

KIRIFUDA

怒ると叱るは違うと言いますが、

それを受ける側はどっちにしても「怒られている」という印象でしょう。

 

f:id:guil_inside:20170323162950p:plain

 

怒るときは

自分の枠組みからはみ出ているから怒るのではなく

 

その人が守りたいと思っている世界を守らせるため

その人の夢や目的を実現、達成させるため

その人が成りたい、在り方になるために

 

に怒ったり叱ったりする。

お前が守りたかったのはそれか!?

その夢を簡単に手放す自分でいいのか!?

(↑ちなみに夢を手放したほうが良いときもあります)

自分の在り方と照らし合わせて今の自分でいいのか!?

 

自分のために言ってくれている、というのが分かったとき

人はあなたに感謝をするでしょう。

 

逆に、

自分の都合で怒ったりするものであれば

反感を買うことでしょう。

または自己都合の幸せを押し付けての

「お前のために言ってるんだ」

も人を動かすほどの大きな効果がないのです。

 

こちら側は意識することがあります。

たとえ、相手から「怒られてる」と感じられている可能性があるとしても

導く立場の人は「今、自分は諭している」という意識で接します。

いつか、相手から感謝されるかもしれません(それは相手次第)

 

自分の感情を爆発させるときは

パフォーマンスとして自分が怒っているという選択を取っているだけ

と自覚して

あくまで、そのパフォーマンスが

まわりまわってその者にとってプラスになると、

そこまで考えて怒る。

 

この世界の道理から、言い聞かせる

と念頭に置くとよいです。

 

そんなことを言っていても、

時には感情に流されることもあります。

人間ですから

 

僕も感情に支配されてしまうことがあります。

 

たとえ感情に支配されて、怒ってしまっても、

そんな自分を責めなくていい

 

怒りという感情がちゃんとある

人間味がある証拠です。

 

失敗もどんどん楽しんでいきましょう。