先生は占い師

リアル人生にも裏技を

結果だけを言うならただの占い。占い師ではない。

占いは、スピリチュアルなものだけではなくて、

人間・世界、宇宙の原理を根源を求める哲学のようなものだと思います。

 

結果だけを伝えるのであれば、占い師ではなく、ただの占い。

「師」は、先生を示す。人の手本を指す。

人を導く要素がある。人の人生に大きく関わることになる。

だから覚悟を持って、目指しなさいということではなく、

そんなことを言ったら、特定の人から見たら、僕は反面教師に見えてしまうところはたくさんあるでしょう笑

 

基本的に考えないし、無計画で、したいことしかしない

人に頼りまくる、ルール規則命令をこの上なく嫌い、

免許を取らず、車に乗せてもらってばかり笑、

ずるいところだって、たくさんある。

 

でも、あなたがタブー視している世界が、

僕にとっての理想で、夢で、現実なんだ。

 

占い師は、自分の理想の世界を作ることも大事です。

幸せになる必要がある。自分が選んだ生きざまを貫く必要がある。

それが、人生観となり、思想になり、

依頼者を導くコンパスになる。

 

お手本というと、「人として」みたいなことを考える方も多いかもしれないけれど、

堅苦しい社会規範の張りぼてで自分を作るのではなく、

自分の幸せを今、そこで体現すればいい。

その満たされた自分を見られて、惹かれてくれて

「この人に聞いてみようかな」となる。

 

占い師にとって、結果を伝えるのは、序章で、

そこから先のところが本題なんだと私は思うのです。

広告を非表示にする