読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生は占い師

占い師兼教師をしてます。 皆さんが大切な人の"切り札"になる応援をしています。

人に対していらいらするポイントは、本当は自分がしたかったこと

KIRIFUDA

「人を責めずにはいられない」

「ずるいやつらが許せないんです」

 

遅刻をしてくる人

電車のホームで横入りする人

楽して稼いでいる人

女たらしなのにモテる人

 

これらの人を見ててイライラしてしまう人

 

 

本当はあなたもそれをやりたかった人です。

 

 

つまり、ムカつく相手と自分は同じ仲間です。

 

意外に思われるかもしれませんが、本当はあなたもやりたかったんです。

例えば、遅刻の例。

「自分は遅刻しないように、【我慢して】早く準備して、遅れないように来たのに、なんでアイツは遅れてくるんだ」

 

本当はしたくないのに、我慢してやっていることを

誰かは全然やらない(ex.あいつだけ掃除さぼってるとか。宿題やってこないやつ。笑)

 

本当はしたいのに、我慢してやっていないことを、

誰かがやっている(ex.遅刻をしてくるとか。)

 

これらに対して「ずるい」と感じます。

 

遅刻に関して

「いやいや、遅刻は人の時間を奪っているからダメなんだ」だと考えた人。

嘘です。

それはただの、自分が正義となるための正当化です。

どこかで知った耳さわりの良い言葉をそのまま教条的に持っているだけです。

その言葉はあなたが思い始めたことじゃないでしょう。それは使いまわされた文句です。

 

しかも残念ながら、あなたの心はそれほど美しくありません。(いらいらしている時点で)

違うんです。あなたがダメだと言っているわけではありません。

皆、そんなものですから笑

 

常識がない、と相手を非難してしまうのは

それはあなたの常識でしか物事を見ていないからです。

気づかないうちに"I'm justice."になっているんです。

 

あなたのその考え、正義は、どこまで通用しますか?

家だけ通用しますか?

会社の中だけ通用しますか?

日本だけで通用する考えですか?

 

それとも地球全体を覆うほどの説得力がありますか。

それとも宇宙を貫くほどの真理がありますか。

 

あなたがいらいらするからと言って、あなたが偉いわけではないのです。

あなたに常識があるわけではないのです。

 

だから、いろんなところに目を向けよう。

あなたの常識で外で、しかも幸せに生きている人がいます。

 

いらいらする人から学べることはたくさんあるのです。

 

もっとも、いらいらさせる人はあなたのこと、どうでもいいと思っています。

気づきましたでしょうか。

 

あなたは相手にされた身勝手さを通じて、

「自分は粗末に扱われている」という悲しみを抱き、

その悲しみをイライラで隠しているのです。